前幾天,日本人的朋友跟我說,來到台灣後他絕對台灣人IT產業、工業都超強,好希望自己日本的公司也有台灣人來上班,為什麼台灣人不會想去日本公司上班呢?待遇也不差,有些比台灣公司好很多。

こないだ、日本人の知り合いから、台湾人のITや、工業はとても強いし、台湾人を自分や、日本の会社に来てほしいですが、何で台湾人は日本の会社に行きたくないですか?待遇も悪くはないし、台湾の会社よりいいのはいっぱいありますのに。


我說,那是你願意走出日本的日本人才會有這樣的想法,試著去觀察就會發現,日本國內的公司其實還是很排外,尤其是大公司,有去面試過都知道,如果不是被獵人頭公司挖角,他們會有趣你一個外國人為何來日本公司面試的履歷,但只是想聽聽妳的履歷和日文好不好,先不管你的專業能力,因為比起專業,他們怕溝通不良沒辦法做到制式化要的要求(比如那些繁複的文章)。

私は、それは日本から出掛けたい発想のある人たちが持ってる考え方ですと言いました。実際観測してみますと、現状日本国内の会社はまだ外国人を拒んでます、特に大手企業。面接に行った事ある人たちから聞きますと、すぐ分かります。スカウティング会社にスカウトされるわけではない限り、大抵の会社はただ何で外国人は日本の会社に勤めたいですかと外国人の履歴書にちょっと興味持ち、そそれで面接を呼んでみました。そして、知りたいのはただ日本語の敬語会話できるかどうか、実技能力なんてほぼ考えてません。専門知識より、日本人が文章に対しの規定概念が出来ませんとコミニュケーションも出来ませんと考えられています。


而另外一點,會有想要在日本生活待在日本的台灣人,多半是喜歡某個東西,好比動漫、偶像、演員、樂團、或是歷史性文化,但是這些都屬於文科類,有些人以為只要唸日文系就能去日本,所以專長除了日文跟中文以外沒有其他更多,就算可以做職業翻譯,但是說實在,現在會中文跟日文的人,包含近年來大量開放大陸留學生、語言學校的增設⋯等,只有會語言並不是優勢,更需要專業能力,特別是學理工又要對語言能夠到精通的,除非有環境壓力逼迫學習而來的語言,比如大學就在日本念的之類的,真要兩者兼具的實在很少,而台灣大學畢業後抱著想要去日本先嘗試看看申請打工渡假過去的,通常除非抱著我就是要找工作去,一開始就做好要換成正式工作簽的準備,一邊念語言一邊找工作之類的,不然大家都是抱著體驗的心情,都要靠過去的前輩介紹工作等,結果都在自己國家的人的圈子打轉,然後工作環境不外乎只有連鎖餐飲或是藥妝店、觀光商店,最後抱著疲憊且文化環境挫折的心回到自己的國家。

もう一つの問題は、日本の会社に勤めたい、日本で生活したいと思ってる台湾人は、殆ど日本のアニメや、アイドル、役者、バンド、それとも歴史関係の文化が好きな人でございます。その人たちはほぼ文系出身、日本語だけを勉強すれば日本に行けると思う人がたくさんいますので、結果的に日本語と中国語は上達してますが、他の専門知識は持ってません。しかし、近年中国の留学生に対し大量開放や、語学学校の増設など、言葉だけはだんだん優勢ではなくなってます。専門知識にもたくさん必要となってますので、特に理系の人は知識持ってますが、言葉も理解できる人は少ない。環境とかのストレスではないと中々言葉を勉強する気にはなりませんので、いっそ日本の大学に進学するか、本当に両立できる人は中々いません。台湾の大学は卒業して、日本に行きたい人はよくワーキングホリデーを使っていく人が多いですが、最初からワーキングホリデーのビザはただのチャンスだと思って、のっけから一生懸命日本語勉強しながら仕事を探し、就労ビザに変更すると目指してませんと、ただの体験の気持ちで行って、先に行った先輩の人に頼って仕事を紹介して貰いすぎて、結果的自分の国の人の生活圏ばかり、貰えました仕事もチェーン店の飲食店や、ドラッグストアとか、外国人向きの観光商店ばかりとなりますから、結局心も疲労を感じ、環境文化に挫折して自分の国に帰ることにします。


不是沒有人願意去,而是雙方心態上都有些許性的問題需要修正,所以才會有現在這樣的想法。

本当に行きたくないわけではないですが、それは両方とも考え方にはまだまだ直らなければなりません部分がありますから、今の想いがあると思います。

創作者介紹
創作者 茜音 的頭像
茜音

自由、食いしん坊万歳ちゃん、にゃんこ🐈

茜音 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()